マンション売却で注意する点

売却したお金を元に毎日が充実

知人でそれをしてしまい余計な固定資産税を支払う羽目になったとさんざん恨み節を聞かされていたので、所有権移転登記完了前に不動産会社にそのことも話して了解を得ました。
つまり、住民の声があって初めて不動産会社が動くというものです。
マンション全部の戸数が売れなければ、部分的にしろ不動産会社は管理しなければなりません。
住民の声を聞いて昇華するのは大切ですが、余分な税金を支払わないよう線引きする必要が出てきます。
私が依頼した不動産会社は、ゴミ置場を最初に作らず、要望があってから作りましたが、工事費から毎年掛かる固定資産税の支払いを住民に負担させることに成功していました。

"マンション売却時に高く売るための3つのコツ
https://t.co/YhXZFRSOgw "

— 朱里 (@wdeaBKsx83gsSeK) February 18, 2020
これも私たちのアドバイスがあってです。
売却時のお金の受け取りは小切手です。
現金だと金額確認が煩雑になり、運んでいる最中も気が気でないので、しっかりと銀行を通じて確実に契約が遂行できる方法を考えた結果そうなりました。
今やマンション売却したお金で新しい事業を行おうと考えており、毎日が充実しています。

10年前に老朽化したマンションを売却不動産会社と契約し固定資産税に注意してマンション売却売却したお金を元に毎日が充実